そろばん・あんざん 始めてみませんか?

 

 そろばんでは指を使って計算することにより脳や神経が鍛えられます。またあんざんでは頭の中にそろばんをイメージして 計算することで右脳を鍛えることができます。


 教室に通う1年生のA君は「この前、算数の筆算の宿題を(珠算式)暗算でやったら合ってた」と言ってました。そうです!珠算式暗算が出来るようになると筆算をしなくても答えを導くことが出来るので学校の授業でもとても計算が速くできるのです。


 そろばんは一つでも珠を間違えて弾いてしまうと答えが合いません。正確に珠を弾き答えを導くことで集中力がつきます。読み上げ算や読み上げ暗算でもしっかり問題を聞き珠を弾くことで集中力や記憶力を鍛えることができます。

 
 『そろばんって古い』というイメージが沸く方も少なくないと思います。
 しかし、小学校入学前にそろばんを習わせておいたら良かったという声も少なくありません。それは繰り上がり、繰り下がりの計算でつまづいてしまったからという理由でした。学校で『4+8』の計算をする時に、まず4とあといくつで10になるかを考えを導きます。8から6を取ると残りは2になるので4と6で10、それと2で12という方法で教えています。ここでつまづいてしまう子が少なくないようです。
 そろばんでは4の珠を置くと5円珠しかないので8は足せないとなります。ここで今から足す8といくつで10になるか考え4から2を取って10円を足す指導します。上のように考え方が少し違いますが、4といくつで10になるか、8といくつで10になるかというのはそろばんでとても重要なので繰り返し練習しそのように珠を弾くことによって定着します。
 数字に慣れておくことで算数学習に楽しんで取り組めると思います。

 もう○年生だし・・・と思われている方、何年生からでも始められます!
 そろばんは頭で計算するのではなく、珠を動かして計算します。最初のテキストはとても簡単なので頭ですぐに計算できてしまいますが、『そろばんを動かす名人になろう!』と声かけをしています。そろばんは珠を正しく動かすことによって答を導くことができるので、決まったボタンを押して必殺技を出すゲームに似たところがあると思います。指の動かし方をマスターすると暗算ができるようになります。
 
 今、高学年になってからそろばんを習い始める子が増えています。計算の基礎や九九など習得しているので早く進むことも期待できますし、そろばんの珠を動かす意識をしっかりしてもらうことで珠算式暗算も習得できます。
 「初心者のクラスで小さい子たちといっしょにするのは恥ずかしい」「学校からの帰宅時間や送迎の都合でこの時間からしか通えない」などのお悩みもできるだけ対応させていただきます。当学院では高学年からでも大歓迎です!!
 
 東大・京大生
もそろばん経験者がたくさんいます。塾に通う前の基礎として、勉強や受験に有効な集中力や記憶力を身につける手段としてそろばん・あんざんを始めてみませんか?


 そろばん以外にもパソコンを使ったあんざんの練習や学校でも行われている百マス計算、お楽しみ抽選など楽しんでそろばんに取り組める工夫をしています。